どうして海外のFX業者は日本のライセンスを取らないのか

海外のFX業者とは言いますが、日本でも利用できる海外のFX業者はほとんどが日本語対応になっています。
日本の法律が通用できないということはありますが、海外のFX業者でも大手では一般的に法外なことをやっているとは考えられません。
しかし、それではどうして海外のFX業者は日本の金融庁のライセンスを取らないのでしょうか。

海外のFX業者であっても日本の金融庁での登録をすれば日本の業者と同じ土俵の上で勝負しなければなりません。
すはわち、海外のFX業者であっても日本の金融庁の規制である25倍までのレバレッジ規制に従わなければならなくなるということです。

海外のFX業者が顧客の支持を受けている理由は、25倍という意味不明のレバレッジ規制に縛られていないということが多いでしょう。
海外から見れば25倍のレバレッジ規制がどう見えているのかこのことでも分かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です